トレンドフォロー戦略の是非

最近は、プログラム売買がかなり多くなり、FXや株の世界でも、プログラムの提供している会社なども多くあるが、そのパフォーマンスは、毎年大きく違ってくる。

原因としては、ヘッジファンドのプログラムの変更や、資金の流れの変化や、急激な経済情勢の変化がある。プログラム売買の元となっているのは、チャートシグナルと、オシレーターなどのパターンがある。過去の、パターンから勝率の高いものなど採用して、いいリータンを狙うが、毎年同じ成績にはならない。

ヘッジファンドも、同じようなプログラム売買をしているのですが、プログラムの変更もかなりあるみたいで、昔は勝率の高いチャートパターンも、勝率が悪くなと変更するなど、常に改善をしているようですね。資金の流れでは、セクターや、大型小型など、いろいろなパターンで毎年資金の流れが違い、新興市場が強かったり、大型株が強かったりと、月単位から年単位で変化が大きいですね。

このため、プログラム売買でも、勝率が毎年大きな変化がおきてしまいますね。株の極意といわれても、経済変化や、トレンド変化に敏感になっていないと、毎年か勝利するには、きびしいのが現実で、億超えの個人トレードーが、信用取引で、借金まみれになるケースもよく聞き、いかにトレンドについていくかや、変化に気がつくかが、極意の鍵ともいえますね。

ネット証券のサービス比較
取引手数料を比較
定額手数料を比較
信用取引手数料を比較
取扱商品を比較
モバイルツール対応状況で比較
注文機能を比較
サポート・サービスで比較
情報量・情報提供ツールを比較
未成年でも口座開設可能な所
ネット証券入門
ネット証券とは
ネット証券の選び方
口座開設の流れを見よう
ネット証券の始め方
ネット証券の利点を考える
ネット証券のデメリットとは?
証券口座の仕組みを解説
子供の証券口座を開設する方法
証券口座と銀行口座との違い
自分の投資スタイルを確立しよう
入金手数料を節約する方法
今が旬の日本株投資
話題のNISAを徹底解説
NISAのデメリット
権利確定日と権利落ち日とは
株式分割で株主の権利が増す?
株式投資体験談
株式投資の戦略
カレンダー投資法で配当狙い
ちょうちん買いこそ投資の裏技
多くの情報で精度を高める
計画性と冷静さが何より大切
淡々とシステムトレードをする
指標分析して割安株を探そう
トレンドフォロー戦略の是非
中長期スタンスの運用方法
待ち伏せ手法で山と谷を待つ
株式投資の極意
優良銘柄を安く買って長期保有
株は投資か投機か?
勝敗は兵家の常
掲載証券会社一覧
マネックス証券
SBI証券
GMOクリック証券
楽天証券
ライブスター証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券
松井証券
むさし証券
内藤証券
岡三オンライン証券
証券ジャパン
SMBC日興証券
ユナイテッドワールド証券