NISAのデメリットや弱点

ISAはイギリスで生まれた制度で、既に欧米などでも有名になり多くの人が活用していますが、ついに日本版ISA(NISA)が始動するにあたって、少なくない数の投資家が注目をしています。始動するその年には、約500万を超える人NISAを利用するだろうと予測されているところからも、その期待度は高いようです。

分配金、譲渡金などにかかる税金が無料になるのが、日本で始まるISAの最大の利点だといえます。平成25年12月末日に「軽減税率」が終わり、その代わりとしてNISAが開始されるのです。NISAが期待されている理由の一つです。

ただし、NISAには利点も多いのですが、もちろんそこには欠点も付随してきます。NISAが始まる前にきちんと基礎知識を学習することにより、NISAを最大活用できるようになるでしょう。NISAの利点を効率良く引き出すために、以下には問題をいくつか説明していきます。これらを知ることにより、新しい制度を無駄にすることなく資産運用ができるようになるでしょう。

ここが良くないNISA、3つのマイナスポイント

1. 損益通算は不可能です
例えば、外国為替証拠金取引・上場株式・デリバディブ系などいくつかの投資商品は、利益・損失を1年を通して計算することが可能です。

もっと詳しく例として挙げると、FXでの利益が大きかったとしても、株式で損失が大きければ、利益と損失がイコールとなって消え、かかる課税額が安くなるのです。NISAにといてはそのような計算は使うことができません。他の口座とは別々に損失・利益を扱います。

2. 再度の投資はできません。
NISA制度を使って投資した商品を売っていまった場合、非課税制度は無効になってしまい、売った金で再度投資を行うと税がかかってしまうことになります。非課税となる期間も5年だけと限定されているので、投資口座から自由に動かせるわけではありません。

3. 金融機関は一度決めると変えられません
NISAは2013年10月から申し込みが開始されますが、一度口座を作ってしまうと、そこから4年間は金融機関を変えることができなくなります。最初の選択が重要となりますので、金融機関ごとの商品の違いを吟味した上で、魅力的だと感じるようなところを選ぶと良いでしょう。

NISAを十分に活用するのには、以上のような問題点もきちんと把握しなければなりません。あまり金融機関から動かすことはできないので、長期間動かさなくても問題ないような資産運用をする必要があります。

以上の点を踏まえて投資をすれば、NISAは有利な事は間違いありません。メリット・デメリット双方きちんと学んでNISA投資をしてみて下さい。

ネット証券のサービス比較
取引手数料を比較
定額手数料を比較
信用取引手数料を比較
取扱商品を比較
モバイルツール対応状況で比較
注文機能を比較
サポート・サービスで比較
情報量・情報提供ツールを比較
未成年でも口座開設可能な所
ネット証券入門
ネット証券とは
ネット証券の選び方
口座開設の流れを見よう
ネット証券の始め方
ネット証券の利点を考える
ネット証券のデメリットとは?
証券口座の仕組みを解説
子供の証券口座を開設する方法
証券口座と銀行口座との違い
自分の投資スタイルを確立しよう
入金手数料を節約する方法
今が旬の日本株投資
話題のNISAを徹底解説
NISAのデメリット
権利確定日と権利落ち日とは
株式分割で株主の権利が増す?
株式投資体験談
株式投資の戦略
カレンダー投資法で配当狙い
ちょうちん買いこそ投資の裏技
多くの情報で精度を高める
計画性と冷静さが何より大切
淡々とシステムトレードをする
指標分析して割安株を探そう
トレンドフォロー戦略の是非
中長期スタンスの運用方法
待ち伏せ手法で山と谷を待つ
株式投資の極意
優良銘柄を安く買って長期保有
株は投資か投機か?
勝敗は兵家の常
掲載証券会社一覧
マネックス証券
SBI証券
GMOクリック証券
楽天証券
ライブスター証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券
松井証券
むさし証券
内藤証券
岡三オンライン証券
証券ジャパン
SMBC日興証券
ユナイテッドワールド証券