定額手数料を比較

取引手数料には、取引の回数に応じて課される手数料もありますが、1日の取引金額によって取引手数料が決まる「定額手数料」というものを導入しているネット証券もあります。定額手数料を採用しているネット証券であれば、取引の回数は関係なく、定められた金額を超えない限りは、手数料は同額のままです。

従いまして、このシステムは1日の取引回数の多いデイトレーダーにおすすめと言えます。以下に、ネット証券ごとの定額手数料を一覧表にしてわかりやすくまとめました。投資スタイルに合ったネット証券選びにぜひ活用してみましょう。

※全て税抜き表示

証券会社名 手数料プラン名称 売買約定代金合計額(1日)
10万 100万 300万 1000万
マネックス証券 一日定額手数料コース 2,500円 2,500円 2,500円 10,000円
SBI証券 アクティブプラン 96円 762円 1,562円 4,362円
GMOクリック証券 1日定額プラン 213円 797円 1,538円 3,417円
楽天証券 いちにち定額コース 429円 858円 3,000円 10,560円
ライブスター証券 定額プラン 400円 600円 1,400円 4,200円
岡三オンライン証券 1日定額プラン 99円 700円 1,300円 3,400円
松井証券 ボックスレート 0円 1,000円 3,000円 10,000円
むさし証券 トレジャーボックス 1,200円 1,200円 1,200円 4,800円
立花証券 ビーレート 200円 1,600円 2,400円 7,000円
内藤証券 1日定額プラン 181円 753円 1,553円 4,753円

ネット証券のサービス比較
取引手数料を比較
定額手数料を比較
信用取引手数料を比較
取扱商品を比較
モバイルツール対応状況で比較
注文機能を比較
サポート・サービスで比較
情報量・情報提供ツールを比較
未成年でも口座開設可能な所
ネット証券入門
ネット証券とは
ネット証券の選び方
口座開設の流れを見よう
ネット証券の始め方
ネット証券の利点を考える
ネット証券のデメリットとは?
証券口座の仕組みを解説
子供の証券口座を開設する方法
証券口座と銀行口座との違い
自分の投資スタイルを確立しよう
入金手数料を節約する方法
今が旬の日本株投資
話題のNISAを徹底解説
NISAのデメリット
権利確定日と権利落ち日とは
株式分割で株主の権利が増す?
株式投資体験談
株式投資の戦略
カレンダー投資法で配当狙い
ちょうちん買いこそ投資の裏技
多くの情報で精度を高める
計画性と冷静さが何より大切
淡々とシステムトレードをする
指標分析して割安株を探そう
トレンドフォロー戦略の是非
中長期スタンスの運用方法
待ち伏せ手法で山と谷を待つ
株式投資の極意
優良銘柄を安く買って長期保有
株は投資か投機か?
勝敗は兵家の常
掲載証券会社一覧
マネックス証券
SBI証券
GMOクリック証券
楽天証券
ライブスター証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券
松井証券
むさし証券
内藤証券
岡三オンライン証券
証券ジャパン
SMBC日興証券
ユナイテッドワールド証券