未成年でも口座開設可能なネット証券会社を比較

未成年者でも株式投資を行うことが最近はできるようになっています。オンライン金融取引を通して、幼少時から投資や資産運用を経験した方が社会人になってから有利であると気がついた親世代のトレーダーたちの要求が高まり、日本国内でもいくつのか証券会社が未成年者向け証券口座の開設を受け付けるようになりました。

もちろん、初めに証券会社に口座を開設するわけですが、未成年者用の口座の場合、証券会社によって対応が異なります。親権者の同意が絶対に必要であることのほか、親権者がその証券会社にすでに口座を持っていることなどいくつか条件があります。また、口座を開設できたとしても、取引に制約が設けられるなど多少自由が利かない部分はありますが、若いうちから金融取引に接することで得られるメリットは大きいです。

未成年者でも口座開設が可能な証券会社については下記の一覧表をまずご覧ください。

証券会社名 未成年の
口座開設
口座開設の年齢制限の概要
マネックス証券 制限なし。
未成年の場合は親権者との続柄がわかる
本人確認書類(住民票 or 母子手帳)があれば
開設可能。
SBI証券 20歳以上(未成年口座は親権者の口座開設必須)
ライブスター証券 - 20歳以上(20歳未満の場合は婚姻されていれば口座開設が可能)
GMOクリック証券 - 20歳以上
楽天証券 - 20歳以上
カブドットコム証券 - 20歳以上
松井証券 20歳以上(未成年口座は親権者の口座開設必須)
むさし証券 - 20歳以上
内藤証券 - 20歳以上
岡三オンライン証券 - 満20歳以上〜80歳未満
コスモ証券 - 満20歳以上

『株式投資をはじめたい』という未成年者が増えているのは本当?!

生活様式が多様化し、特にインターネットの発達で親世代とは比較にならないほど、今の子供たちの情報量は多くなっています。そんな中で、進んでいる子は金融取引に興味を持っていて、自分でもやってみたいと思っている子も多くなってきているようです。

昨今は会社員になっても生涯雇用という常識がなくなって久しいですし、若い世代は働いてもなかなか給料が上がらなくなってきています。要するに、いい学校を出ても、大手企業に就職できても大きな夢を持てない現実が子供たちの将来の前に立ちはだかっているのです。

未成年者を含めた若い世代はネットでそういった情報もしっかり入手しています。しかし、いずれにせよ子供はいつか大人にならなければなりません。そんなときに自分の将来を自分で明るいものにする。あるいは、自分の稼ぎは自分でなんとかしたい。そして、副業でもして効率よく稼ぎたいといった思いを抱くようになる子もいるわけです。

そういったニーズもあり、今、株式投資を始め様々なオンライン金融取引を自分でやってみたいという未成年者が増えています。そして、実際に未成年者でも口座開設ができる証券会社が増えてきていて、本当に株式投資などを行っている子供も急増中なのです。

これまでは、未成年者には責任が重すぎること、売買タイミングの判断ができないのではないかという懸念からどの証券会社も口座開設は成人に限っていました。しかし、日本が国として投資の非課税制度であるNISAの未成年者向け「ジュニアNISA」を開始するなど、未成年者の投資や資産運用が徐々に日本全国に広まりはじめているところです。

それに合わせて、日本の証券会社も未成年者用口座を用意するようになっています。時代は今、変わりつつあるのです。

未成年者でも学生でも株式投資が簡単にできる時代になっている!?

未成年者向けの証券取引口座開設を容認する証券会社が増えていることで、未成年であっても、あるいは学生であっても株式投資などが簡単にできる時代になってきています。

ただし、証券会社各社は未成年者向け口座の開設にはいくつかの条件を出しています。親権者の同意が必ず必要であるなどといった、いろいろな条件です。また、一口に未成年者といっても年齢層に幅があります。未成年者は主に0歳児から19歳になります。どの年齢で口座開設ができるかは証券会社の条件設定によって異なっています。

例えば、年齢に下限のない証券会社もあります。あるいは、中学生以上や高校生以上、18歳以上などと制限が設けられていることもあります。尚、よくある条件としては親権者がその証券会社ですでに口座を開設していることを条件とする証券会社が多いようです。。子供が証券口座を開設する際も同じ事です。子供だけで証券口座を開設できる証券会社はまずないのですが、以前と違い、未成年者向けの口座を開設できるところは増えてきています。

人によっては「親権者名義の口座で子供が株式売買を行えばいいのでは?」と思う人もいるでしょう。しかし、この方法は「仮名取引」という違法行為にあたりますので注意が必要です。

ですので、親権者が我が子にオンライン金融取引を始めさせたいという場合は未成年者用の取引口座を開設させることが先決です。

未成年者口座では子供のための積立や長期の積立投資で資産形成ができる!

未成年者が証券会社で口座を開設する場合、親権者はいったいどんな理由で子供に口座開設をしているのでしょうか。未成年者が自分から口座開設をしたいなどと思っているケースでは単に株式取引などへの興味が最初かと思います。

未成年者用口座はすべての証券会社においても親権者の同意書が必要です。要するに、未成年者が自発的に口座開設を望んだ場合とそうでない場合のいずれにおいても、親の責任下で資産管理や取引を行うということになります。そうなると、未成年者向け証券口座を開設するときには必ず大人の意向も出てきます。

未成年者用口座ではFXなどの信用より引きとしてレバレッジをかけることはできません。主に株式投資が未成年者向け証券口座の取り扱い商品であり、一部では投資信託や株式ミニ投資であれば可能であるところもあります。その点はそれぞれの証券会社によって条件が異なるので、各証券会社のホームページなどで確認してみるといいでしょう。

未成年者用口座を幼少時から開設することの意義。それは、まず大きなポイントとして時間的有利が挙げられます。投資は資金と時間をかけることで将来的にそのボリュームが膨らんでいきます。金融取引や資産投資は40歳で始めるよりは30歳で始めた方がいいですし、30歳なら20歳で、あるいは10歳で始められるならそれに越したことはありません。

ですので、未成年者向けの証券口座を開設する理由としては子供の将来の資産形成の基礎にしたり、学資にしたりといった積立を目的にしている親権者も多いです。早く始めることで長期間に渡る積立投資が実行でき、理想の資産形成ができるのです。

子供の将来のために株の勉強をさせたいという親権者が増えている?!

未成年者用証券口座開設の意義は、早く始められることによる時間的有利が挙げられます。同時に親権者の中には早くに金融投資、あるいは株式投資を体験し、株の仕組みや自分の資産を働かせる感覚を養いたいという人も増えてきています。

親世代がオンライン金融取引で株やFXをやっているときに感じることとしては「もっと早くから始めていればよかった」という思いがあるようです。先にも述べた、時間的な有利もありますし、早めに経験を積んでおくことでより豊かな戦略を創造できるので、金融取引は早ければ早いほど自分に有利になっていくのです。資産運用を行う人のほとんどはそう痛感していることかと思います。

親権者の中には特にそのことを非常に強く実感する人もおり、それであれば子供たちに株の勉強をできるだけ早くに実体験させ、資産運用や投資について体で覚えてほしいと思うようになっているようです。

金融取引で大切なのは時間と資金。それだけではなく、売買の時機を見極めるセンスも必要です。このセンスは生まれつきもあるでしょうが、長くやることでそれは身につきます。そして、必ず実体験がものをいいます。金融取引にはネット情報やハウツー本などではわからない機微があり、体験することで習得できるのです。

これらの取引スキルが身につけば、会社員であったとしても安定収入を投資から得ることができますし、老後の蓄えやなにか行動を起こしたいときの資金などを確保できるようになります。つまりは『ブレない生き方』に繋がるのです。

そういった思いもあって、親権者の中には未成年者向けの証券口座を開設し、株の勉強などをさせたいという人が増えてきているのです。

未成年者用証券口座の実態を知らずして子供に始めさせられない?

未成年者用証券口座は一般の口座とは大きく異なっています。そもそも開設には親権者の同意が必ずいることや、開設時に親権者との親子関係を証明する公的な書類などを用意する必要があり、一般口座開設とは書類が違ってきます。

それから、未成年者用とはいっても、未成年者が自分だけで口座開設することはできません。そもそも、ほとんどの証券会社では親権者がすでにその証券会社で口座開設済みであることを条件にしています。ですので、成人向けの一般口座などとは開設の方法が大きく違ってきます。

それから、取引においても制限があって、一般の口座とは異なる部分があります。

例えば、レバレッジをかける信用取引は未成年者用口座ではできません。投資信託やIPO株などの売買ができる証券会社もありますが、実際には株式投資がメインになります。

また、未成年者が自発的に売買を決定して取引を進められるのは基本的には15歳以上、高校生になってからとなっています。日本の法令では株式の売買などは15歳未満の未成年者が自分で行うことができません。親権者が代理で売買をすることになっているので、一般口座だと仮名取引の違反になるものが、ちゃんと認められているという点も違いますね。

忘れてはならないのが、未成年者向けの非課税枠制度「ジュニアNISA」が利用できるのも、未成年者用口座の特典です。年間80万円までの投資で得られた利益は非課税になるので、より利益率が上がって、投資を早く始めることに大きな意義が出てきます。

このように未成年者用証券口座は成人向けの一般証券口座とはやや異なります。いずれにせよ、投資が実際にできて利益も得られます。また、名義人が成人になった時点でほとんどの証券会社では一般口座に切り替える措置が取られますので、長く取引を続けることが可能です。多少の制限はあるにしても、未成年者向け証券口座はメリットが少なくありません。

非課税枠を利用できるというジュニアNISAとはそもそもどんなもの?

投資に対する非課税制度としてNISAがありますが、日本では未成年者向けには「ジュニアNISA」があります。未成年者用証券口座の多くがジュニアNISAを利用でき、年間80万円の投資に対して得られた利益はすべて非課税になります。

ジュニアNISAの大きなメリットは資産運用を家族で行っている人に特に大きいです。というのは、家族内の非課税枠が大きく増えることになるからです。例えば、夫婦と子供ふたりの家庭の場合、NISAは夫婦で合計240万円の非課税枠がありましたが、ジュニアNISAを利用することで子供2人分の非課税枠が新たに増え、ひとり80万円×2人で160万円も増えることになります。年間の世帯合計非課税額は、400万円の投資金額で得られる利益すべてが対象になるということになります。

ジュニアNISAが利用できる期間は決まっており、開始の2016年から2023年までの8年間となっています。この間、開始から5年間が対象期間となるので、80万円×5年間で計400万円分の投資が非課税枠になります。対象年齢は0歳〜19歳まで。20歳になった時点で通常のNISAへ移行されます。

ただ、ジュニアNISAも証券会社の未成年者向け口座同様に一般NISAと比べて制約が出てきます。例えば、原則18歳になるまでは引き出すことができず、もし途中で利益を引き出すと、過去の分も含めて課税対象となってしまいます。

さらに、ジュニアNISAはひとり1口座までであり、途中で金融機関の変更もできません。また、親権を行う者(親権者の方)が同一の証券会社での口座開設をすること、してあることが条件になるので、証券会社によってはその証券会社で口座を持っていなくても未成年者向けの口座開設が可能ではあるものの、ジュニアNISAの対象にはなりません。

これら制約は単純にいえばデメリットになるわけですが、トータル的に考慮した場合にはメリットの方が大きいです。ですので、ジュニアNISAの制度は未成年者用証券口座を開設するにあたり、基本的にはセットで考えるべきかと思います。

ジュニアNISAが始まってから、未成年者でもOKな証券会社が増えている!?

日本のジュニアNISA制度は2016年4月から始まっています。これにより世帯における免税枠が大幅にアップし、より投資に対する国民の興味が増長され、投資額も増加促進するという見込みになっています。

同時にこの制度の始まりは、未成年者が金融取引に関わるための門戸が開かれたということでもあります。投資が大人だけのものではなく、子供でもできるものになったのです。将来の貯蓄や備えは個人個人が行わなければならない時代になっており、子供も同時にそれに対して実行をしていかなければ、明るい未来が閉ざされてしまうという時代に入りました。

このジュニアNISA制度の発足によって、親権者の中には子どものために証券会社で口座開設をしようという動きが活発化しています。学費などの用意や子供自身に金融取引を体感させるために動き始めているのです。

こういったニーズが高まってきたことで、日本の証券会社で未成年者向けの口座開設を受け付けるところが増えてきています。ジュニアNISAが始まる前と直前直後ではせいぜい3社くらいがひっそりと未成年者向けに口座開設をしていましたが、2017年に入ってからすでに6〜7社くらいが未成年者向け口座を始めています。そして、それは今後も増えていく見込みです。

これはとにもかくにも、未成年者も金融取引をすることが当たり前の時代に入った証でもあります。投資は時間が大切です。早ければ早いほど意味があって、将来的な獲得利益の金額も変わってきます。もし自分に子供がいるのであれば、なるべく早く、未成年者用口座かジュニアNISA口座を開設してあげましょう。

未成年口座もジュニアNISA 口座も0歳児から受け付けているところがほとんどですので、早めの行動を心がけるべきです。

ジュニアNISAと未成年者用口座の違いは何か?

未成年者用証券口座とジュニアNISA口座が日本におけるオンライン金融取引の未成年者向けサービスのひとつになりますが、この両者の違いはなんでしょうか。そもそもどんな違いがあるのかはっきりとわかっていない方もいるのではないでしょうか。

まず、未成年者用証券口座は証券会社が未成年者向けに用意している口座になります。ほとんどの証券会社で親権者が同じ証券会社で口座開設していることを要求していますが、一部ではそれは不要です。それらをひっくるめた、未成年者向けの口座が未成年者用証券口座というわけです。

では、ジュニアNISA口座はなにかというと、これも同じ未成年者用証券口座のひとつですが、こちらは未成年者向けの非課税制度であるジュニアNISAを利用できるものになります。そもそもジュニアNISAは同じ証券会社に親子で口座開設していることが条件ですので、これを口座開設の条件に掲げている証券会社であれば、ほとんどのところでジュニアNISA口座が開設可能です。

つまり、ジュニアNISA口座と、未成年者用証券口座は非課税制度を利用できるかできないかで、ほぼ同じものです。

では、ジュニアNISAは証券会社が運用しているのかというと、そうではなく、ジュニアNISA制度と証券会社はあくまでも別です。ジュニアNISAは非課税枠を利用できる制度です。証券会社は同じ名義でジュニアNISAの利用が重複していないかを税務署に確認するので、そもそも証券会社とジュニアNISAはまったく別物になります。

投資の方針などによっては必ずしもジュニアNISAを利用する必要はありません。しかし、年間80万円の取引までは利益がすべて非課税になるなど、かなりメリットは大きいです。できれば、ジュニアNISAを利用できる証券会社で口座開設することをお勧めします。

未成年者用証券口座は非課税枠の利用ができ、IPO当選確率もあげられる!?

すでに紹介したように、未成年者用証券口座ではジュニアNISAの制度を利用することで、非課税枠が増えることになります。特に親権者共々資産運用を行っている場合、世帯あたりの非課税枠が大きく増額できるメリットが出てきます。

ジュニアNISAは親権者とその子供が同じ証券会社で口座開設をしていることが条件ですので、そもそも親権者が口座開設していることが条件の証券会社であれば、ほとんどのところでジュニアNISA向けの口座も用意しているはずです。

ジュニアNISAは国が投資額の増額を推進するために始めた制度ですので、ひとりあたり1口座と決まっています。ですので、証券会社でジュニアNISA口座を開設する場合、証券会社は税務署にジュニアNISAの重複がないかを確認します。これには所要1〜2週間ほどかかります。

一般的な証券口座であればオンライン申し込みで口座開設が即日と謳う証券会社もありますが、未成年者向けの口座はそもそも10営業日はかかりますし、ジュニアNISAを申し込む場合はさらに1週間以上かかってしまいます。ですので、非課税枠を利用する際は、とにかく早め早めに動くことが大切です。

それから、未成年者用証券口座やジュニアNISA口座を未成年者が開設することには大きなメリットがもうひとつあります。これはある意味、投資テクニックのひとつにもなります。
それはIPO株、つまり新規公開株の当選確率が上がるというメリットです。

ご存知のようにIPO株は市場において最も安値の段階で株を買うことができるので、ほとんどのケースにおいて利益が大きく得られると人気です。人気ゆえに基本的にはIPO株は抽選になります。

その際、口座1口座につき抽選申し込みの権利は1枠になっていることが一般的です。親子で投資をしていれば、親権者の口座1口座、未成年者用口座1口座で合計2枠になります。もし親権者が夫婦で口座開設をしていたり、子供が多ければ多いほど抽選枠が増えるわけですから、世帯におけるIPO株当選確率がぐっと上がるのです。

ただ、気をつけたいのは、未成年者用証券口座やジュニアNISA口座は、証券会社によって取り扱い商品が違うことです。ほとんどが株式投資のみで、一部が投資信託のほかIPO株の売買ができるようになっています。IPO株を狙う場合は、そういった証券会社を押さえておかなければなりません。

未成年者の金融取引は年齢によって主体が変わる!?

年齢制限のない証券会社もありますが、中学生以上や高校生以上、18歳以上などと制限が設けられていることが多いようです。尚、親が口座を開設していることを条件とする証券会社が殆どです。子供が証券口座を開設する際も同じ事です。

未成年者用証券口座を利用して未成年者が取引をする場合、取引の主体が年齢によって変わることがあります。これは証券会社によって決まりが違うのでなんとも言えませんが、最も厳しいところではSBI証券で、15歳未満は親権者あるいは未成年者の後見人が責任を持って取引をし、15歳以上では未成年者と親権者が責任を持って主体的に取引を進めることができると定められています。

多くに共通するのは、責任は親権者である点です。証券会社によっては取引の責任は未成年者にもあるとされていますが、そのほとんどが親権者と連帯になっています。

SBI証券の場合は上記のような設定ですが、取引の主体性と責任がどこにあるかによって実際に取引できる年齢が変わってきます。場合によっては中学生などでも責任を親権者と負うことで取引を進めることができます。

ところで、これまで未成年者と何度も単語が出てきていますが、未成年者用証券口座開設における未成年者は、ほんの少しだけ一般的な未成年者とは考え方が違っています。まず、年齢的には0歳児から20歳未満、あるいは19歳となります。これは日本の法的にも同様のカウントになっていますので、わかりやすいでしょう。

やや違うというのは、多くの証券会社で「未婚の」という言葉をつけています。日本では現在女性は16歳から、男性は18歳から法的に婚姻関係を結ぶことができるようになっています。要するに、この年齢で結婚できるわけです。未成年者用証券口座の未成年は、仮に19歳以下だったとしても既婚者は対象外となるのです。

世帯を自分で持つということは成人同様の責任を負うことになるので、大人とみなされるわけです。よって、多くの証券会社で未成年者用の証券口座は未婚の未成年者に限っているのです。

ですので、この条件に当てはまるようでしたら、ジュニアNISAと合わせて、資産運用や将来の人生設計のためにもできるだけ早く、口座開設をするべきでしょう。親権者の投資講座と同じ証券会社を利用できれば、窓口も一本化できるメリットもあります。親権者が子供と一緒に資産運用することは大きなメリットもあるのです。

ネット証券のサービス比較
取引手数料を比較
定額手数料を比較
信用取引手数料を比較
取扱商品を比較
モバイルツール対応状況で比較
注文機能を比較
サポート・サービスで比較
情報量・情報提供ツールを比較
未成年でも口座開設可能な所
ネット証券入門
ネット証券とは
ネット証券の選び方
口座開設の流れを見よう
ネット証券の始め方
ネット証券の利点を考える
ネット証券のデメリットとは?
証券口座の仕組みを解説
子供の証券口座を開設する方法
証券口座と銀行口座との違い
自分の投資スタイルを確立しよう
入金手数料を節約する方法
今が旬の日本株投資
話題のNISAを徹底解説
NISAのデメリット
権利確定日と権利落ち日とは
株式分割で株主の権利が増す?
株式投資体験談
株式投資の戦略
カレンダー投資法で配当狙い
ちょうちん買いこそ投資の裏技
多くの情報で精度を高める
計画性と冷静さが何より大切
淡々とシステムトレードをする
指標分析して割安株を探そう
トレンドフォロー戦略の是非
中長期スタンスの運用方法
待ち伏せ手法で山と谷を待つ
株式投資の極意
優良銘柄を安く買って長期保有
株は投資か投機か?
勝敗は兵家の常
掲載証券会社一覧
マネックス証券
SBI証券
GMOクリック証券
楽天証券
ライブスター証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券
松井証券
むさし証券
内藤証券
岡三オンライン証券
証券ジャパン
SMBC日興証券
ユナイテッドワールド証券