自分の投資スタイルを確立しよう

ネット証券とは、ネットで証券を売買することで、オンライン上で取引を行うことができるインターネット専用の証券会社のことを指しますが、このネット証券を選ぶにあたってまず自分がどんな投資の仕方をしていくのかという狹蟷颯好織ぅ覘瓩魴茲瓩胴圓ことが最も大切です。

なぜならネット証券には様々な会社がありますし、それぞれ手数料なども違うので自分の投資スタイルに見合った会社の選定や商品の選定が必要となるからです。

投資スタイルの種類を知ろう

それぞれ代表的な投資スタイルは以下です。

◆デイトレード・短期投資
まず、デイトレードなどの短期投資スタイルが挙げられます。この場合取引回数が多くなります。また、短い時間足を表示させたチャートや板情報見ながら、タイミングを計って売買を繰り返す投資スタイルが一般となります。取引回数が多い場合、取引の手数料も大きくなってしうので、手数料の安いネット証券を選ぶことがポイントとなります。また、トレーディングツールに搭載されている機能の充実度や使いやすさも、デイトレーダーにとっては欠かすことの出来ない必要条件となります。

◆中長期投資
次に、一度株式を購入したらその後は頻繁に売買することのない、中長期投資のスタイルを基本としたい場合は、一回あたりの手数料をそれほど気にする必要はないでしょう。売買手数料よりも投資する銘柄の選定方法が重要になってくるので、サポート体制が整っているネット証券を選ぶ必要があります。

◆インカムゲイン・株主優待を重視
次に、企業からの配当金収入や株主優待などの特典・金利収入を株式投資の目的とするタイプについてです。短期売買で配当や株主優待などを得ることができないので、配当やインカムゲインを重視する投資スタイルでは、中長期スタイルと同様のスタンスでネット証券口座を選ぶとよいでしょう。

◆値上がり益追求型
次に値上がりを追及する投資スタイルです。短期売買のデイトレから中長期投資まで投資期間は様々ですが、テクニカル分析を駆使したり、マーケットの分析力や情報収集力がものをいいます。高度なチャートツールや確かなトレーディング情報を提供している証券会社がおすすめです。ネット証券を選ぶことも重要な要素ですが、質の高いニュースや情報などをできるだけ迅速かつ大量に入手できる環境があることを重要視しましょう。

最後に、株式投資初心者におすすめできるネット証券は、使いやすい取引画面や操作方法と注文の仕組みが分かりやすかったり、投資情報サービスの豊富さが大切になります。

この様に投資スタイルも人によって色々ですので、細かく言えばきりがないのですが、だいたいの自分の投資スタイルの方向性を決めることによって、自然にネット証券が絞れてきます。『ネット証券がたくさんあって迷う』という方こそ、まずは自分の投資スタイルを考ることが投資成功への近道となるのではないでしょうか。

最後にネット証券は、情報収集が簡単にできると言う点が挙げられるのではないでしょうか。パソコンや携帯で、会社のお昼休みや、通勤電車の中でも、株式の細かい動きもマメにチェックすることができます。牾式取引は情報量が命瓩噺世錣譴訐こΔ任后その点ネット証券が優れているのは間違いのないことなのではないでしょうか。

ネット証券のサービス比較
取引手数料を比較
定額手数料を比較
信用取引手数料を比較
取扱商品を比較
モバイルツール対応状況で比較
注文機能を比較
サポート・サービスで比較
情報量・情報提供ツールを比較
未成年でも口座開設可能な所
ネット証券入門
ネット証券とは
ネット証券の選び方
口座開設の流れを見よう
ネット証券の始め方
ネット証券の利点を考える
ネット証券のデメリットとは?
証券口座の仕組みを解説
子供の証券口座を開設する方法
証券口座と銀行口座との違い
自分の投資スタイルを確立しよう
入金手数料を節約する方法
今が旬の日本株投資
話題のNISAを徹底解説
NISAのデメリット
権利確定日と権利落ち日とは
株式分割で株主の権利が増す?
株式投資体験談
株式投資の戦略
カレンダー投資法で配当狙い
ちょうちん買いこそ投資の裏技
多くの情報で精度を高める
計画性と冷静さが何より大切
淡々とシステムトレードをする
指標分析して割安株を探そう
トレンドフォロー戦略の是非
中長期スタンスの運用方法
待ち伏せ手法で山と谷を待つ
株式投資の極意
優良銘柄を安く買って長期保有
株は投資か投機か?
勝敗は兵家の常
掲載証券会社一覧
マネックス証券
SBI証券
GMOクリック証券
楽天証券
ライブスター証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券
松井証券
むさし証券
内藤証券
岡三オンライン証券
証券ジャパン
SMBC日興証券
ユナイテッドワールド証券