株式分割で株主の権利が増える?

株式分割ということばをご存じですか?
このことばで思い出すのは、事件が起こる前の、ホリエモンこと某氏が社長をしていたころのL社ですね。L社は株式分割をくりかえすなどして、株式市場でたくみに人気を高め、大きな資金を得ました。「現代の錬金術」などと揶揄されたものです。

株式分割は何かというと、たとえばそれまで1株だったものを2株以上に分割することです。2分割でしたら、たとえばそれまで200株保持していた人は400株の持ち主となります。

もし会社の価値や人気に変化がなく、新しい株も発行されず、単純に2分割されただけなら、もし1株1000円だったら、1株500円に変わることになります。このように株価自体はいきなり半額以下になるのですが、従来株式保有者の資産価値、発行株式全体の価格は変わらないということになります。

株式が紙に印刷されて発行されていたころは、株式分割すれば新しい株券を印刷する費用や交換に使う費用もバカにできませんでしたので、それが一種の歯止めになっていましたが、現代は株式はすべて電子取引になっていますので、株式分割自体にかかる費用はほとんどありません。ですから容易に行われるようになっています。

ではなぜ株式分割が行われるのでしょうか?

一つの目的は、その株式の市場流動性を高めることです。たとえば、市場に100株しか出回らなかったら、その株をほしくてもなかなか手に入らなかったり、売りたくてもなかなか売れなかったりします。そうなるとその株価の動き自体が不自然になりがちで、どうしても敬遠されるようになります。

100株が10000株になったらどうでしょう。株が多くなるほど市場での売買が活発にスムーズになります。買いたいときに買え、売りたいときに売れるのが市場流動性というもので、健全な市場を維持していくのにとても大切なことです。

そしてもう一つの目的は、株価を下げることによって、より多くの人がその株を買いやすくして、人気を高めることです。多くの人が株式を買えば、会社は株式市場から多くの資金を得ることができるし、それで株価が上がれば願ったり叶ったりというわけです。

仮に、10000円だった株価が株式5分割で直後は2000円になったとしても、その後人気で2100円に値上がりしたとすれば、分割前の株でいえば500円値上がりしたことになります。

では株式分割されて、従来の株保有者はほとんどメリットがないのでしょうか?

もし株式分割されて、配当や株主優待なども従来のままでしたら、まったくメリットはありませんが、多少なりとも配当などが上がるようならもちろんメリットは大きいです。

まして、成長企業の株を買って、ずっとホールドしていたら、大きな利益をもたらすことがあります。

たとえばヤフーは1999年以降、株式分割をたえずくり返してきました。従来の1株が、2005年末には約4100株になっています。そして分割前約2000万円した株価は、1株16万円に値下がりしました。しかし、もし当初の1株を持ち続けていれば、16×4100=6億5600万円という驚くべき数字になっていることになります。

このように、株式分割はその企業や株主にとってメリットの大きいものなのです。

ネット証券のサービス比較
取引手数料を比較
定額手数料を比較
信用取引手数料を比較
取扱商品を比較
モバイルツール対応状況で比較
注文機能を比較
サポート・サービスで比較
情報量・情報提供ツールを比較
未成年でも口座開設可能な所
ネット証券入門
ネット証券とは
ネット証券の選び方
口座開設の流れを見よう
ネット証券の始め方
ネット証券の利点を考える
ネット証券のデメリットとは?
証券口座の仕組みを解説
子供の証券口座を開設する方法
証券口座と銀行口座との違い
自分の投資スタイルを確立しよう
入金手数料を節約する方法
今が旬の日本株投資
話題のNISAを徹底解説
NISAのデメリット
権利確定日と権利落ち日とは
株式分割で株主の権利が増す?
株式投資体験談
株式投資の戦略
カレンダー投資法で配当狙い
ちょうちん買いこそ投資の裏技
多くの情報で精度を高める
計画性と冷静さが何より大切
淡々とシステムトレードをする
指標分析して割安株を探そう
トレンドフォロー戦略の是非
中長期スタンスの運用方法
待ち伏せ手法で山と谷を待つ
株式投資の極意
優良銘柄を安く買って長期保有
株は投資か投機か?
勝敗は兵家の常
掲載証券会社一覧
マネックス証券
SBI証券
GMOクリック証券
楽天証券
ライブスター証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券
松井証券
むさし証券
内藤証券
岡三オンライン証券
証券ジャパン
SMBC日興証券
ユナイテッドワールド証券