証券口座と銀行口座との違い

ネット証券とは、ネットで証券を売買することで、オンライン上で取引を行うことができるインターネット専用の証券会社のことを指します。証券会社は、銀行や郵便局などと同じ金融機関ですが、株は同じ金融機関でも、銀行や郵便局で買えない仕組みになっています。ですので株を購入するためには、証券会社に口座を開設しなければなりません。

証券口座は、株式や投資信託・外国株式などを購入するための口座ですので、銀行や郵便局と違って何度もお金を入出金したりすることがありません。ですから通帳はありません。オンラインで取引明細がいつでも見られるようになっていたり、「取引報告書」や「取引残高報告書」などが年に何度か電子交付されるようになっています。

証券口座に入金するとMRFというものすごい低リスクの投資信託の一種を自動で買い、資産運用することになっています。その運用益が銀行の預金金利と同じようなはたらきがあり、定期収入が貰える仕組みになっています。ですから証券口座へ入金するだけでも銀行の金利のような形で、微々たる金額ではありますが一定の率の金利を受け取れます。

証券口座は、パソコンや携帯電話・スマートフォンを使ってインターネットから、自分の銀行口座や郵便局の口座に、簡単に出金依頼ができますが、公共料金の引落しはできません。土日祝日の出金ができなかったり、出金されるまで3営業日ほどかかるところもあるので注意が必要です。

預けた資産は安全に守られる

それから銀行口座と決定的に違うのは、証券会社の場合は、万が一証券会社が潰れても、口座に入っている資産は安全だという点です。これは、証券会社の資産と顧客から預かった資産は別々に安全に管理するよう、法律で決められているためです。ペイオフの制度のように1000万円しか保証されないということもありません。

ネット証券口座から自分の銀行口座へ出金する際には、ほとんどの業者で無料となっています。この点は嬉しいですよね。もう一つ証券口座の開設する時のポイントは、大手証券会社を除いて、ほぼ全ての証券会社が無料で口座開設できるという点です。ですので、株式投資や投資信託で資産運用したいと考えている方は、とりあえず複数のネット証券口座を開いてみることをお勧めします。

いくつも口座開設するのは大変だし、面倒だとお考えの方も多いかもしれませんが、ネット証券口座を開設するのは、銀行口座を開く時の様に長時間待たされることも、わざわざ店頭に出向く手間もありません。自分のPCを使ってオンライン上で簡単に手続きを済ませることが可能です。

詳しくは「口座開設の流れ」のページで紹介していますので参考にしてみましょう。

ネット証券のサービス比較
取引手数料を比較
定額手数料を比較
信用取引手数料を比較
取扱商品を比較
モバイルツール対応状況で比較
注文機能を比較
サポート・サービスで比較
情報量・情報提供ツールを比較
未成年でも口座開設可能な所
ネット証券入門
ネット証券とは
ネット証券の選び方
口座開設の流れを見よう
ネット証券の始め方
ネット証券の利点を考える
ネット証券のデメリットとは?
証券口座の仕組みを解説
子供の証券口座を開設する方法
証券口座と銀行口座との違い
自分の投資スタイルを確立しよう
入金手数料を節約する方法
今が旬の日本株投資
話題のNISAを徹底解説
NISAのデメリット
権利確定日と権利落ち日とは
株式分割で株主の権利が増す?
株式投資体験談
株式投資の戦略
カレンダー投資法で配当狙い
ちょうちん買いこそ投資の裏技
多くの情報で精度を高める
計画性と冷静さが何より大切
淡々とシステムトレードをする
指標分析して割安株を探そう
トレンドフォロー戦略の是非
中長期スタンスの運用方法
待ち伏せ手法で山と谷を待つ
株式投資の極意
優良銘柄を安く買って長期保有
株は投資か投機か?
勝敗は兵家の常
掲載証券会社一覧
マネックス証券
SBI証券
GMOクリック証券
楽天証券
ライブスター証券
リテラクレア証券
カブドットコム証券
松井証券
むさし証券
内藤証券
岡三オンライン証券
証券ジャパン
SMBC日興証券
ユナイテッドワールド証券